【進撃の巨人】九つの巨人とは!?種類や継承者を一覧化!

進撃の巨人九つの巨人

九つの巨人、それは原作第86話で初めて明かされた巨人ですが、今回はその詳細に迫ります。

九つの巨人、それぞれはどんな特徴をもっているのか。

そして、継承者についても。

一覧形式でまとめたので、ご参考ください!!

スポンサーリンク

九つの巨人とは?

 

ユミル・フリッツから派生した特殊な巨人

昔々、それは「進撃の巨人」の時代から、さかのぼること1850年前。

現在のエルディア人の「始祖」と言われる少女「ユミル・フリッツ」は大地の悪魔と契約を交わし「巨人の力」を手に入れました。

ユミル・フリッツの死後、その力は九つの巨人に分かれ、それが「九つの巨人」と呼ばれています。

 

エレンやライナーなどがもつ巨人化能力のことを指す

作品の主人公エレンは巨人化能力をもっていますが、それが九つの巨人の力です。

自傷行為とともに自らを巨人にすることができますが、その能力こそが九つの巨人の能力。

 

寿命が13年になってしまう

知性持ち巨人である「九つの巨人」は、その強大な力と引き換えに、13年という短い寿命となっています。

これは、始祖ユミルが、大地の悪魔との契約から13年で死んだことに由来し「ユミルの呪い」とも呼ばれいてます。

 

13年という寿命では、九つの巨人の力なんて、あっという間に途絶えてしまいそうですよね!?

そこで、「九つの巨人」の力を持つ人間を巨大化した状態で「捕食」することによって「継承」していくというわけです。

継承する前に、九つの巨人の能力を持つものが死んでしまった場合、エルディア人の新生児にランダムで継承されるそうです。

スポンサーリンク

九つの巨人を一覧でまとめてみた

現在判明している、「九つの巨人」の種類は以下のようになっています。

それぞれの能力と継承者を見て行きましょう!

  1. 始祖の巨人
  2. 進撃の巨人
  3. 超大型巨人
  4. 鎧の巨人
  5. 女型の巨人
  6. 獣の巨人
  7. 車力の巨人
  8. 顎の巨人

 

1:始祖の巨人

始祖「ユミル」直系の巨人であり、九つの巨人の中で最も強力な存在と言えるでしょう。

その強大な能力は、「座標」「叫び」とよばれ、すべての巨人とユミルの民を操ることや、人間の記憶を消すことができると言われています。

ただ、その能力を完全に引き出せるのは、ユミル・フリッツ直系子孫であるフリッツ家(現在はレイス家)のみ。

 

継承者

ユミル・フリッツ→145代目のフリッツ王→ウーリ・レイス→フリーダ・レイス→グリシャ・イェーガー(エレンの父)→エレン・イェーガー

 

2:進撃の巨人

「いつの時代も自由のために戦った巨人」とは、先々代の継承者であるクルーガーの言葉。

そのせいか、エレンやグリシャも確かに自由のために戦った人物と言えます。

エルディアが崩壊したのちは、秘密裏に継承されてきたのですが、クルーガーが「始祖」奪還の為にグリシャに継承、その後、奪った始祖と進撃の巨人をエレンに託しました。

 

継承者

エレン・クルーガー→グリシャ・イェーガー(エレンの父)→エレン・イェーガー

 

3:超大型巨人

50mを超える超巨人!

「壁」を破壊するパワーを持つが動きは鈍い。

最大の能力は熱風の放出であまりの熱風で熱風を出している間はアンカーを突き刺すことができない。

マーレに奪われ、マーレの戦士に選ばれたベルトルトが継承。

ウォール・マリア奪還戦にてエレン&アルミンに破れ、現在はアルミンがその力を継承している。

 

継承者

ベルトルト・フーバー→アルミン・アルレルト

 

4:鎧の巨人

マーレ側の手に堕ちた巨人で、マーレの戦士に選ばれたライナーが継承。

シガンシナ区の内門を破り、ウォール・マリアを陥落させた巨人。

全身硬質化しているため、兵士のブレードは一切通用しない。

ハンジが開発した雷槍という特殊な武器や硬質化を覚えたエレンのパンチなどは有効。

 

継承者

ライナー・ブラウン

 

5:女型の巨人

九つの巨人の中で唯一の女の巨人。

体の一部を硬質化することができ、弱点であるうなじを硬質化して守っていた。

また、「巨人を操ることができる」という座標の力も少しつかうことができるようで、奇声を発した後に無垢の巨人に自分を捕食させた。

継承者のアニが体術に優れていたため、女型の巨人も格闘術に優れる巨人だった。

調査兵団と戦い、捕縛される寸前でアニが自身を結晶化したため今は手を出せない状態にある。

 

継承者

アニ・レオンハート

 

6:獣の巨人

マーレの戦士に選ばれたジークが継承している巨人で、猿のような見た目が特徴的。

自身の脊髄液を注入したエルディア人を叫びの力で無垢の巨人に変える能力をもち、その巨人はジークが自由に操ることができる。

また、投擲能力にも優れ、岩のつぶてを投げてエルヴィン団長を含む調査兵団を一網打尽にした。

 

継承者

ジーク・イェーガー

 

7:車力の巨人

マーレの手に堕ちた巨人で、マーレの戦士に選ばれたピークが継承しています。

壁側からは「四足歩行巨人」と呼ばれているんですが、その正体はピークという女性キャラでした。

ウォール・マリア奪還作戦では、四足歩行による素早い動きでジークとライナーを窮地から救出する。

背中に巨大な機関銃を背負い、それを駆使して戦っていた。

 

継承者

ピーク

 

8:顎の巨人

元々は、マーレの戦士に選ばれたマルセル継承していたが、ユミルに捕食されたためユミルが継承。

ユミルは、無垢の巨人として、さまよっていたが、マルセルを捕食したことにより人間の姿に戻ったのですね。

その名の通り、顎が特徴的で敵の銃弾を完全に弾くほどの高度を誇る。

現在はマルセルの兄のポルコが継承している。

 

継承者

マルセル・ガリアード→ユミル→ポルコ・ガリアード

 

九つの巨人で現在判明しているのは上記8体。

つまり、残りの一体の正体はまだ明らかになっていません

 

しかし!!

なんと、残り一体の正体に関する有力な情報を入手してしまったので、こちらをご覧ください!!

 

九つの巨人最後の一体は「サイキョウノキョジン」?

九つの巨人の内、最後の一体がまだ明らかになっていないわけですがその正体に関する有力な情報をキャッチしてしまいました!!

それがこちら!!

 

九つの巨人サイキョウノキョジン

 

これはロッド・レイスがつかった巨人の脊髄液。

この瓶をよーく見てみると、「サイキョウノキョジン」と書かれていることがわかります。

 

もしかするとこの「サイキョウノキョジン」こそが九つの巨人最後の一体なのかもしれません。

ロッド・レイスがこの脊髄液を摂取したときは、超大型巨人を超えるサイズの巨人に変身しましたがそれが九つの巨人最後の一体なのでしょうか??

 

まとめ

九つの巨人は作中でも重要な役割を担う巨人たち。

特に最後の一体がまだ明らかになっていないというのがポイントで、その存在が今後重要なキャラになっていくのかもしれません。

いったいどんな巨人なのか非常に気になるところですが、今後登場するのを楽しみにしておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です