【ハンターハンター 】クロロの強さや念能力まとめ

ハンターハンターに登場するクロロは体術のうまさ、念能力の高さからかなりの強さを誇るキャラですよね?

最強ランキングでもクロロは6~7位の常連です。

バトルマンガは登場人物の強さがインフレしていきますし、クロロが登場してからかなり話が進んでいるのに、ですよ!

ここではクロロの強さや念能力について見ていきたいと思います。

クロロ・ルシルフルとは

 

幻影旅団のリーダー

ハンターハンターのヨークシン編から登場するクロロ・ルシルフル。

彼は盗賊の集団「幻影旅団」の創設者にして現リーダーです。

判断力や洞察力に優れ、高いカリスマ性もあってクセの強い団員達を束ねています。

戦闘力も高く、体術も念能力も非常に強いキャラですね。

 

幻影旅団は盗みや殺人も行う危険度Aの賞金首達の集まりです。

ヨークシンで開かれる地下オークションの出品物を盗み出そうとするのが初登場でした。

一度は作戦に失敗し仲間を失ったりするものの、最終的に出品物の強奪に成功。

その際クロロはマフィア達に雇われたゼノとシルバと壮絶な死闘を繰り広げ、二対一のハンデ戦を何とか生き残り、強さを見せつけています。

 

幻影旅団のメンバーは「【ハンターハンター】幻影旅団のメンバー一覧!強さランキングも掲載!」にさらに詳しくまとめています。

 

天空闘技場でヒソカと死闘を繰り広げる

クロロはヨークシン編の後半で、幻影旅団への復讐を狙っているクラピカに念(ジャッジメントチェーン)をかけられます。

そして「団員との接触」と「念能力の使用」ができなくなってしまいました。

クロロはヒソカに「一対一の決闘をする」ことを条件に除念師を探す依頼をするのです。

ヒソカはクロロと戦うために幻影旅団に潜り込んでいて、その正体を明かして幻影旅団を抜けた男ですね。

 

除念が終わると何とクロロはヒソカから逃走?!

実はヒソカを倒すに必要な念能力を集めるためでした。

万全の準備を整えてから決闘場所に天空闘技場を指定し、クロロはヒソカと対決を繰り広げることになるのです。

手札の多さを活かして一方的にヒソカを追い詰めて勝利しました。

 

クロロVSヒソカについては「【ハンターハンター】クロロVSヒソカの共闘説を解説してみた結果・・」でさらに詳しく解説しています。

 

クロロの念能力

 

盗賊の極意(スキルハンター)

相手の念能力を奪って自分のものにするという強力な念能力です。

本を具現化してそこに相手の念能力を封じ込め、好きな時に引き出して使うことができます。

おまけに相手はその念能力を使えなくなるのがすごい。

 

しかし、相手の念能力を奪うには以下の結構面倒なプロセスが必要です。

  • 相手の念能力を実際に見る。
  • 相手の念能力について質問し、相手が答える。
  • 本の表紙の手形と相手の手の平を合わせる。
  • 「念能力を見る」から「手形と相手の手の平を合わせる」までは1時間以内に行わなければならない。

また、奪った念能力を引き出して使うには本を右手に持って相手の写真と念能力名が載ったページを開いておかなければならない、という制約があります。

 

栞のテーマ(ダブルフェイス)

奪った能力を使った時にたまたま習得した念能力。

本に栞(しおり)を挟むことで、本を閉じてもそのページの念能力を使うことができます。

さらに開いたページの能力と同時に発動することが可能。

それまでは「ページを開いておかなければならない」という制約のため、念能力は一回に一つしか使えなかったのです。

この2つの念能力のためクロロは戦闘するたびに念能力が増え、どんどん強くなっていくキャラなのです。

 

関係のあるキャラ

 

クラピカ

主人公ゴンの仲間の一人で、女性のような風貌ながら身体能力は高い人物。

かつて幻影旅団に滅ぼされたクルタ族の生き残りで、仇討ちのためにハンターになりました。

ヨークシン編での幻影旅団とマフィア達の戦いの中、幻影旅団団員のウボォーギンとパクノダを殺害。

クロロの念能力を封印し、幻影旅団の団員と関われないようし、いったんは復讐を遂げたのです。

 

ヒソカ=モロウ

戦うことに喜びを見出す戦闘狂で、快楽殺人を好む危険な人物。

クロロと戦う機会を求めて幻影旅団に入団~潜伏して機会をうかがっていました。

しかし、クロロは幻影旅団の活動時に一人になることがなく、活動後は消息不明になってしまうので戦えずにいたのです。

ヨークシン編でやっと決闘の機会を得られたわけですね。

ヒソカについては「【ハンターハンター】ヒソカの強さや念能力まとめ」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

クロロは体術面や身のこなしでも評価が高く、念能力も「相手の念能力を奪って自分のものにする」という強力なものでした。

発動に面倒な制限があるのがネックですが、決まれば効果は絶大というのもロマンがあっていいですね。

ところでクロロは好きなキャラのランキングではいつも上位につけているんですね。

敵側のキャラなのに主人公のゴンより上ってことも多いのはすごいことです。

冷徹で無慈悲な性格だけど仲間思いなところが人気の原因なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です