【ハンターハンター 】ノブナガ=ハザマの強さや念能力まとめ

ハンターハンターに登場するノブナガ=ハザマの強さは本当に謎ですよね?

登場回数は多いのに念能力がどんなものなのかはいまだに公開されていません。

そのために「作品中最強クラスのヒソカと互角の実力」と評する人もいれば「実は弱いんじないか」という人もいる状態です。

ここではノブナガの強さや念能力についてしっかり見ていきます。

ノブナガ=ハザマとは

 

幻影旅団のメンバー

ノブナガ=ハザマは幻影旅団の初期メンバー。

ちょんまげを結って無精ひげを生やした浪人風の出で立ちは「居合の達人」のようで、武器は刀です。

ノブナガの強さは、

  • 幻影旅団強さランキングでは7〜9位に位置していて、戦闘員としては評価は低めだが、念能力が披露されていない現時点での評価なので、本当の強さはもっと上と考えられる。
  • 幻影旅団腕相撲ランキングでは13人中9位とパワーは低い。
  • 身体能力は高そうで、キルアとフランクリンの攻防の時、屋外から建物の4階にジャンプするという離れ業を見せている。

 

ノブナガの性格は、

  • 直情的で単純、しかし頭は切れる方。
  • 短気で我が強く、他のメンバーとしょっちゅうケンカになっている。
  • 人を殺すことに全く躊躇しない。
  • しかし仲間思いなところもある。

ノブナガは「織田信長」からハザマは「桶狭間」からとられていると言われています。

織田信長の冷酷無比な性格もノブナガのモチーフの一つにされているみたいですね。

 

幻影旅団の他のメンバーに関しては「【ハンターハンター】幻影旅団のメンバー一覧!強さランキングも掲載!」に詳しくまとめています。

 

ゴンを旅団に入団させようとしていた

主人公のゴンと幻影旅団は敵対関係にあります。

ですが、ゴンを捕縛して接していくうちにノブナガはゴンのことを気に入りました。

ゴンのふてぶてしい性格や、他人のことで力を発揮する姿がウボォーギンと似ていると感じたようです。

ウボォーギン亡き後、彼の後任として団への加入を推薦しようとしました。

ノブナガは一度気に入った相手にはフランクに接するところがあるのですね。

 

ゴンは当然この申し出を断ります。

しかし、ノブナガはどうしても仲間にしたいと主張して、ゴン達を自分の監視下において監禁しました。

結局ゴン達にはスキを見て逃げられてしまいますが。

しばらくしてゴン達が再度捕縛された時にはノブナガは喜びを隠しませんでした。

それほどまでにノブナガはゴンに入れ込んでいたのですね。

 

能力は居合の達人??

ノブナガの念能力は全力で戦ったシーンがないため不明です。

断片的に語られている情報をまとめると、

  • フランクリンが「タイマン勝負専用というか、限定条件付きの能力」と解説している。
  • 離れた相手に「間合いに入ったら斬る」間合いの中にいる相手に「動いたら斬る」と宣言し、その宣言を無視した相手を瞬時に切り裂く。
  • 念の応用技「円」の範囲を「俺は太刀の間合いまでで十分(つーかこれが限界)」と発言しており半径4m程度。ちなみに「円」はカイトが45m、ゼノ=ゾルディックが300mといっているので、4mは確かに狭い。
  • 強化系の能力とされているが定かではなく、本人はあまり気に入っていない模様。

 

念能力というのは「覚悟や制約によって能力が向上する」という面があるので、

  • 半径4mと範囲が狭い。
  • 相手に「宣言」をしてから能力発動。

と制約がきついことから考えると、威力はかなりものなのではないでしょうか?

 

関係のあるキャラ

 

クロロ=ルシルフル

幻影旅団はマフィアのコミュニティを襲撃し、オークションのお宝を全て奪って目的を達します。

その後はヨークシンシティを離れるはずでしたが、ノブナガはこれを拒否しました。

死んだウボォーギンの真の仇はクラピカであり、彼を始末するまではここを離れられないと主張するのです。

これは団長のクロロの命令に背く態度であり、自分の意見に反するなら団長にも噛みつくのですね。

クロロについては「【ハンターハンター 】クロロの強さや念能力まとめ」にさらに詳しくまとめています。

 

ウボォーギン

ノブナガ=ハザマはウボォーギンとは幻影旅団結成前がら親しい仲です。

ウボォーギンが死んだ時は誰よりも悲しみ、クラピカへの復讐を誓っています。

ゴンを捕縛した際、ウボォーギンをいかに大事に思っていたを語り、涙を流したくらい。

また、戦闘においてもタイマンが得意なノブナガと多対一を得意とするウボォーギンとは非常に相性が良かったようです。

ウボォーギンについては「【ハンターハンター 】ウボォーギンの強さや念能力まとめ」にさらに詳しくまとめています。

まとめ

ノブナガは他の団員との揉め事が多く、その中で悪く言われたり、低い評価をされたりしています。

シズクからは足でまといとまで言われる有様です。

しかし、仲間意識の強さからケンカは多いけど嫌われて疎まれているというほどではないように感じられます。

そして、強さに関してはやはり未知数の部分が大きいです。

相当な実力者という意見もヘタレ枠という意見も強く否定できる材料がないですね。

 

ノブナガはヨークシン編以降はあまり出番がありませんでした。

今後の暗黒大陸編では活躍して本当の力を見せてくれるといいですね。

暗黒大陸編で幻影旅団はヒソカの命を狙っています。

ノブナガはヒソカがウボォーギンの死の遠因を作ったことで、彼に一度切りかかっています。

ヒソカとの直接対決も期待してしまいますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です