【ハンターハンター 】ボノレノフの強さや念能力まとめ

幻影旅団のメンバーの中で出番が少なくて本当の強さが未知数な団員がいますが、ボノレノフもその一人です。

ヨークシン編では出番がほとんどありませんでした。

キメラアント編の戦闘では念能力の一部を見せただけになっています。

ここではボノレノフの強さや念能力について情報が少ない中ですが、できる限り詳しく見ていきましょう。

ボノレノフとは

 

幻影旅団のメンバー

ボノレノフは幻影旅団のメンバーで、初期メンバーではなく後からの参加です。

全身に包帯を巻いて、ボクサーのようなグローブとトランクスを身に着けた異様な出で立ち。

幻影旅団のメンバーは戦闘員とサポート役に分けられますが、ボノレノフは戦闘員です。

普段の言動は落ち着いていて、無口で感情を露わにすることはほとんどありません。

ボノレノフの強さに関しては

  • 幻影旅団内腕相撲ランキングでは13人中8位とパワーは低い。
  • スピードは速く、兵隊長クラスのキメラアントがバテるまで攻撃し続けても全く補足できない。
  • 体術面は13人中7位と決して強くはない。
  • 強さランキングは3位、6位、7位、9位、10位と評価はバラバラ。

幻影旅団内での強さは念能力の威力次第という感じですね。

幻影旅団の他メンバーに関しては「【ハンターハンター】幻影旅団のメンバー一覧!強さランキングも掲載!」に詳しくまとめています。

 

ギュドンドンド族の生き残り

ギュドンドンド族とは開発によって故郷を追われた少数部族です。

ボノレノフはギュドンドンド族の生き残りで、一族の名を背負って戦う誇り高い戦士(舞闘士、バプ)でした。

「オレは世界でもっとも美しく戦う一族の血を受け継ぐ者」と言うくらいで、一族の名誉をけがす者には容赦しません。

相手に「今の一撃、本当に一族の誇りを込めたのか?ずいぶん安い魂だな」とバカされ、直後相手を瞬殺しています。

 

ボノレノフは全身ぐるぐる巻きの包帯を取ると身体中に無数の穴が空いています。

ギュドンドンド族の男性は子供の頃に身体に細い針を通し、徐々に穴を広げていくのだそうです。

身体中に大小の穴を空けた状態で舞うと穴から音が出て音楽をかなでます。

祈祷などの祭祀を務めたり、戦いの前に音楽を奏でたりするのですが、ボルノレフは念能力へと昇華させました。

 

念能力は戦闘演舞曲(バト=レ・カンタービレ)

戦闘演舞曲は舞うことで奏でた演奏を、戦闘力に変える念能力です。

演奏時間が長いほど攻撃の威力や規模が跳ね上がっていきます。

舞を妨害されて演奏を止められると、念能力の発動ができなくなるという制約があります。

ただしボノレノフはすばやいので、舞を止めるのは至難の技のようです。

 

曲によっていろいろなモノを具現化して攻撃に利用します。

今までに披露された曲は、

  • 「序曲(プロローグ)」槍と鎧を具現化して攻撃する。
  • 「木星(ジュピター)」木星のような巨大な球体で相手を押し潰す。

の2つです。

キメラアント相手に「序曲」はほとんど効きませんでしたが、「木星」で瞬殺しました。

「木星」はウボォーギンの「ビッグバンインパクト」を超える破壊力があるようです。

 

関係のあるキャラ

 

クロロ=ルシルフル

幻影旅団はブラックホエール号にて裏切り者のヒソカ狩りを始めます。

ボノレノフはシズクと共にクロロと組んで行動することになりました。

ボノレノフはヒソカの念能力「バンジーガム」と相性が悪いことを認めています。

バンジーガムで身体の穴から音が出ないようにされたらボノレノフの能力は完全に封じられてしまうでしょう。

クロロは「ヒソカを殺すのはオレ」と言っていますので、ボノレノフはクロロのサポート役に回るのだと思われます。

その際ヒソカ対策として「変容(メタモルフォーゼン)」という様々なモノに変身する能力があると説明しています。

どのような使われ方をするのか楽しみな念能力ですね!

クロロについては「【ハンターハンター 】クロロの強さや念能力まとめ」にさらに詳しくまとめています。

 

マチ

幻影旅団のメンバーは全員身体のどこかにクモの刺青を彫っています。

明確な描写はありませんが、針の使い手であるマチが皆の刺青を彫っているのではないかと言われているんですね。

ところでボノレノフは戦いの時に全身の包帯を取りましたが、どのシーンを見ても刺青がどこにあるのかわからないのです。

残るはボクサーパンツの中だけ。

「ボノレノフがいれずみを入れる時にマチの前でパンツを脱いだのか?」と一部で話題になっていました。

ただボクサーパンツは膝上までの長さだったので、太ももに刺青が入っている可能性は残されていますが。

まとめ

ボノレノフの強さや念能力はまだ実力の一端を見せただけで、まだまだ謎の多い人物です。

曲によって念能力の内容が変わるので、新たなバリエーションでもっと強かったとなる可能性もあります。

しかし、最新の暗黒大陸編ではボノレノフは、ヒソカの念能力との相性の悪さからクロロのサポート役に回るようになっています。

これではあまり活躍は見込めそうにありませんね。

ボノレノフの新しい念能力を見る機会はなく、あえなくヒソカにやられてしまうのでしょうか?

連載再会が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です