【七つの大罪】294話のネタバレでキングVS原初の魔神に!?

七つの大罪294話のネタバレでは、魔神王の化身ともいえる原初の魔神の圧倒的な強さの前にエスカノールも大ピンチ、あわや止めを刺される寸前です。

マーリンですらキングたちの合流を願うばかりの中、ついに妖精王に覚醒したキングの強さを垣間見ることができました。

そして、マエルも仲間となった七つの大罪294話のネタバレ見所と考察まとめです。

七つの大罪294話のネタバレの見どころ

 

転生の誘い

足元には戒禁の闇に落ちていたマエルに倒されたオスローとデリエリの亡骸が横たわっています。

その亡骸に向かってマエルが何やら呪文を唱えると、「ポッ」と光の輪に包まれ、亡骸はいくつもの光の玉となって「フワッ」と消えていきました。

 

「この術は?」と尋ねるゴウセルに「転生の誘い」「ただ一度だけ前世の記憶を携えたまま魂を新たな生命へと転生させる術」とマエルが答えます。

すでに死んでいる者の魂を転生させられるとはさすがに最強女神族ですね。

 

しかし、マエルは物思う表情で「彼らが転生し罰を下そうとするならば 私はそれを受け入れる」とつぶやきます。

そんなマエルに「なら おれもお前と一緒に罰を受けるよ」とゴウセルは言いながら、さらにキャメロットに一緒に行ってくれと頼むのです。

 

しかし、「次は女神族として魔神族を倒せと?」と返すマエル。

最強女神族から記憶改変によって魔神族へ、そして再び女神族としての記憶が戻ったマエルにしてみれば思いは複雑ですよね。

 

「そんなことを誰がのぞむのですか?」と言うマエルですが、「私は望むわ・・・」という声に驚き振り向くと、そこにはエリザベスの姿が。

「女神族と魔神族どちらの勝利のためではなく 聖戦そのものを終わらせるために」と言うエリザベスの思いにマエルの口元が引き締まります。

 

ハーレクイン

「ゴウセルたち遅いね~」と言うデュアンヌに「ややこしい事情だったみてえだし話しこんでんじゃね?」と返すホーク。

しかし、キングはキャメロットから漂ってくる凄まじい気配に「嫌な予感しかない」とキャメロットへ急いだ方がよさそうだと答え、指をスッと動かします。

すると地面からニョニョっと大樹が生え、その葉でキングはそれまでの上半身裸の姿から、まるで舞踏会へ行くかのような美しい服装を身にまとうのです。

その姿にディオンヌも「ポーッ」っと顔を赤らめていますが、まさに妖精王ハーレクインの名にふさわしい出で立ちですね。

 

キングに見とれていたディアンヌですが、「あれ?そういえば霊槍はどこ?」とキングの霊槍が無いことに気がつきます。

ちょうどその時、エリザベスにゴウセルが戻ってきたのですがマエルの姿は見当たりません。

「やっぱりマエルは・・・」と寂しげなディアンヌの頭上から「ハラッ」と女神の羽が舞い降りて来たではありませんか。

なんと、マエルはとっくにディアンヌたちの頭上に浮かんでいたのですね。

やっぱり最強女神族、物凄いスピードが出せそうです。

 

誰も間に合わない

一方キャメロットではエスカノールが原初の魔神相手に大苦戦です。

「残念だ 正午(ピーク)を過ぎればこの程度か・・・」とニヤつく原初の魔神に「この程度の手加減は要るでしょう?」と胸を斬り裂かれながらも倣慢のエスカノールは健在です。

 

しかし、エスカノール渾身の“冷酷なる太陽”も軽くいなされてしまい、マーリンですら「キングたちが早く合流してくれることを願うしかあるまい」と言うほど。

そんなマーリンに「私たちで十分倒せる相手です!」とエスカノールは告げますが、「粋がるな お前たちの死はすでに決定事項だ」「そして誰も間に合わない」と原初の魔神は余裕しゃくしゃくです。

 

そのスキを突いたマーリンが“懺悔の光”を放ちますが、原初の魔神は口から「カアッ」と逆にマーリンを攻撃、地面に叩きつけられたマーリンを見たエスカノールが「おお!!」と突っ込んでいきますが「ボコオッ」と一撃で倒されてしまったのです。

エスカノール危うし、「まずは一匹・・・」と原初の魔神が止めを刺そうとしたその瞬間、なんと霊槍が原初の魔神を攻撃です。

 

しかし、さすがは原初の魔神、盾で霊槍を受け止め直撃を避けるのですが、その衝撃で「がっ」と血を流し後ろへと押されていくのでした。

エスカノールですら全く歯が立たなかった原初の魔神を遠隔操作の霊槍で止めるとは、妖精王キングのパワーすごすぎです。

「待っててくれみんな・・・」「もう誰も・・・失わせやしない!!」とキャメロットに急ぐキング、マエルたち。

はたしてマーリン、エスカノールのピンチに間に合うのでしょうか。

七つの大罪294話のネタバレを考察

 

ゴウセルとマエル

ゴウセルはマエルに恋人を殺され、マエルはゴウセルに記憶改変されたりと因果な関係ですが何となくイイ感じになりつつありますね。

最強女神族でありながら魔神族をただ殺すことに疑問をもつマエルと、ひたすら魔神族を殺すことが正義のリュドシエルとの再会は果たしてどんな展開になるのでしょうね。

どうやら聖戦終結にマエルはなくてはならない存在になっていきそうです。

 

キングVS原初の魔神

エスカノールをワンパン(ワン蹴り)でノシてしまった原初の魔神を遠隔操作の霊槍で止めるとは、キングの強さはいったいどのくらいなんでしょう。

暴走マエルとも互角に渡り合っていましたが、覚醒後のキングは戦わないままにどんどんそのパワーが増しているような雰囲気ですよね。

しかし、王子様のような服を着るのになんでわざわざ大樹を出現させなければならないのでしょうね。

命の泉の大樹と似ているようにも見えますから、もしかするとその葉っぱから作られた服には秘められたパワーがあるのかもしれません。

 

メリオダス復活とバン到着

周りがこれだけ騒々しいと、そろそろ戒禁を取り込んだメリオダス本体も目覚めてくるのではないでしょうか?

そうなると

  • 原初の魔神と戦うのはキング
  • ゼルドリスはマエル
  • メリオダス本体と戦うのはバン

という流れになりそうですね。

バンは生命の泉の力をエレインにすべてつかい果たし不死身ではなくなりましたが、煉獄で生きながらえた上に魔神王と何百回もスパーリングをしてきたのです。

キング並みに強くなっているのではないでしょうか?

まとめ

いよいよキング、マエル、バンと役者がそろってきそうな七つの大罪ですね。

メリオダス本体にバンだけではキビシイかもしれませんが、感情メリオダスが帰還してタッグを組めば黄金のタッグとなりそうです。

バンとキングの今の強さを見られる時が近づいていそうで次回295話“集結するものたち”にワクワクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です