【進撃の巨人】リコ・ブレツェンスカの情報まとめ

進撃の巨人に登場するリコ・ブレツェンスカ

といってもすぐに顔が思い浮かばない方も多いと思いますが、トロスト区奪還作戦に参加したメガネの女性兵士です。

人気ランキング第2回で17位にランクインしていました。

「みんな、死んだかいがあったな。人類が今日はじめて巨人に勝ったよ。」の名ゼリフを残していますね。

ここではそんなリコ・ブレツェンスカの情報についてまとめていきます。

リコ・ブレツェンスカ

 

駐屯兵団の兵士

リコ・ブレツェンスカは駐屯兵団所属の兵士。

キッツ・ヴェールマン(ピクシス司令に小鹿のように繊細といわれた人)の部下で班長を務めます。

イアン・デートリッヒ、ミタビ・ヤルナッハと並ぶ駐屯兵団の精鋭で、強さランキングでは24位に位置しています。

初めて巨人化したエレンを取り囲んだ兵士達の中にいたのが初登場。

「彼らの反抗的に態度は明らかです。有益な情報も引き出せそうにない。兵と時間のムダです。」

その時何度もエレンを攻撃するようキッツに進言していました。

リコの性格は、

  • 冷静で現実主義的。
  • 合理的な考え方を重んずる。
  • 優れた決断力。
  • 冷たい印象で近寄りがたい雰囲気。
  • 保守的で融通のきかない、頑固で石頭な面もある。

といった感じでクールな女性です。

 

トロスト区奪還戦でエレンを護衛する精鋭部隊として戦いに参戦

リコはトロスト区奪還作戦でエレンを護衛する精鋭部隊として戦いに参加し、エレンを門を封鎖するための大岩まで連れていきます。

実はリコはエレンのことを信用しておらず、作戦自体にも否定的でした。

エレンが暴走して動かなくなった時はエレンを放置してすぐに撤退しようとします。

しかし、イアンに説得されて作戦を続行、エレンを回収するまで巨人から守って戦いました。

その後エレンが復活して大岩を門まで運ぶ際、最後までエレンを守りきり作戦は成功!

エレンを守るために精鋭部隊の班員達はおとりになって次々に死亡しましたが、リコは唯一生き残ったのです。

作戦終了後は審議所に出頭し、巨人化したエレンがミカサを襲ったことなどを報告して、ミカサににらまれていました。

「報告書にウソを書けっていうのか?」「この事実を隠すことは人類のためにならないんだよ。」と心の中で弁明していましたね。

これも真実をありのままに伝えることが最善という合理的な判断によるものなのでしょうが、融通の効かない面も見え隠れしています。

その後リコは38話で再登場しています。

ウォールローゼ内で巨人が出現、キッツ率いる部隊は東防衛戦を担当、リコも戦闘に参加しました。

この時巨人の出現に違和感を感じていて、リコの冷静な分析力が表れていました。

さらには、

  • 調査兵団がライナーとベルトルトからエレンを取り返して帰還した時
  • ウォールマリア奪還作戦の時(壁上から戦況を見守るようにして)

にもチラリと顔を見せています。

 

関係のあるキャラ

 

イアン・ディートリッヒ

トロスト区奪還作戦の際、精鋭部隊の指揮権を持っていたのがイアンです。

冷静沈着、かつ寛容で思いやりのある人物で、リコも「イアンなら(指揮を)任せられる。」と信頼を置いています。

エレンが動かなくなった時、リコは撤退を進言しますがイアンは作戦続行の判断を下します。

リコは「この出来損ないの人間兵器様のために数百人は死んだだろうに。コイツを回収してまた似たようなことを繰り返すっての?」と反発します。

対してイアンは、「そうだ。何人死のうと何度だって挑戦すべきだ。」と答えます。

「エレンを使うこと以外に人類が巨人に勝てる方法があるなら教えてくれ!」「我々全員の命を賭しでもこの作戦を遂行すべきだ。」と説得するのです。

リコは「納得できない」と言いつつもイアンの決断が正しいことを認め、指示に従いました。

 

ミタビ・ヤルナッハ

ミタビ・ヤルナッハはリコ、イアンと並ぶ駐屯兵団の精鋭です。

リコと同じくトロスト区奪還作戦には否定的でした。

エレンが動かなくなった時には「試す価値はあったし、もう十分試し終えた!いいか?俺達の班は壁を登るぞ。」とリコと同様に撤退を進言しています。

しかし、イアンの説得を聞き入れ、作戦を続行することにしました。

ミタビ班は大岩を運ぶエレンを巨人から守るため巨人を引きつけますが、何と地上に降りてしまいます。

「巨人共が俺らに食いつかないんだ!食いつかれるまで接近するしかない!」と言って。

はっきり言って、馬もなく巨人の前に地上に降りるというのは自殺行為です。

案の定ミタビは巨人に食われてしまいますが、イアンらも「もうそれしかない。」とミタビに続き犠牲者になります。

ミタビは率先して自分の命を投げ打って任務をまっとうしたのです。

まとめ

リコは冷静で合理的な性格、精鋭中の精鋭で強い、おまけにかわいいキャラです。

しかし、融通の効かない頑固さのせいで「嫌い」「うざい」という意見も結構見受けられます。

そういう欠点も含めてクールだけど人間くさいところがあるキャラだなぁと感じますね。

現在物語はマーレからエルディア島へと戻っています。

ピクシス司令も動いていますし、今後リコがチョイ役で再登場する可能性は高そうです。

果たして物語に大きく絡むようなことはあるでしょうか?

楽しみに見ていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です